いぼを治療してスベスベ肌をゲット!コンプレックスを除去

種類によって違いがある

顔に触れる女性

信頼できる医師を探す

いぼの種類には子どもが良くなるものと、年齢を重ねた人がなるものの両方が存在します。この中で老人になると自然とできやすくなるタイプのものは、目立つ位置にできていると、それがあるだけで老けた印象を与えてしまうというデメリットがあります。また数もひとつだけであれば、そこまで目立たなくても、年齢と共にいくつもいぼができるようになると、かなり大きな影響が出てきます。こういった老人性のものは20代後半からでき始めると言われていますが、個人差が大きく、できる人とできない人に分かれます。20代後半や30代で老人性のいぼができていると、顔は若く見えていても雰囲気が老けてしまうことがあるため、治療の必要性が出てくるのでしょう。老人性のものは首やワキの下などにできやすいという特徴があり、特に首の周りは服で隠すことが難しいので、目立ってしまうことが多いようです。これは悪性のものである可能性は低く、ほとんどが紫外線による皮膚の角化異常や加齢が原因だとされています。悪性のものではないので、急いで切除しなくてはいけないものではありませんが、気になる場合には治療をすると良いでしょう。小さなものであれば簡単に治療ができますし、多少の大きさのものでもレーザーを使えば目立たないように治療できます。大きさは1mm程度のものから5cmほどある大きなものまでさまざまです。治療方法を決めるためには、実際にいぼの状態を医師に診てもらって相談をする必要があります。そのため、まずは美容整形外科を受診して医師の診察を受けましょう。いぼを美容整形外科で切除しようと思った時の方法はレーザーで切除する方法や手術で治す方法などがあります。大きさや盛り上がり具合などによって適切な方法は変わってくるので、医師としっかりと相談をしましょう。基本的には小さなものであれば、局所麻酔をしてレーザー治療になります。レーザーを使用する場合で大きさがそこまで大きくない場合には一度の照射で切除することができます。しかし、その部位には傷ができている状態なので2週間ほどは保護しておく必要のある治療法です。そして大きさによって費用には違いがあり数万円から数十万円となります。診察代や麻酔代もかかるので、全てを合わせると多少高価になってしまうところがデメリットです。しかし、一度の照射で済むということは、受診回数が少なくて良いという大きなメリットがあり、時間のない人でもレーザーが受けられます。美容整形外科での診察は保険の適応にならない自由診療になるので、どうしても価格が高くなってしまいます。またレーザー療法は医師の技術によって仕上がりに差が出ると言われていることも覚えておきましょう。治療が終わった後に傷跡が残るかどうかは、いぼの大きさや盛り上がり具合も関係してきますが、それだけではありません。医師の技術の違いによって同じ状態のものでも、綺麗に治る場合と跡が残ってしまう場合があるようです。そのため傷跡をできるだけ残さずに綺麗に治したいと思う場合には、確かな技術のある医師のいる美容整形外科を受診する必要があります。事前にその点もよく調べておきましょう。

Copyright© 2018 いぼを治療してスベスベ肌をゲット!コンプレックスを除去 All Rights Reserved.